別居中の生活費を相手に請求する方法

離婚の話し合いがまとまるまでの間、夫婦が別居していることはよくあります。

このとき夫の給料で生活をしていた妻は、夫に対して別居中の生活費を請求することができます。

この請求のことを

「婚姻費用分担の請求」

といいます。

別居しながら離婚の話しをすすめる場合、離婚の話し合いの前に「婚姻費用分担の請求」を先にしましょう。

相手に直接言っても支払ってもらえないことが多いので、家庭裁判所に調停の申し立てをします。

そして調停が開かれたら離婚の条件等の話しをすすめる前に、まずは「婚姻費用分担の請求」を決めてください、と調停委員に頼んでください。

調停委員も、別居中の生活費が安定しないと落ち着いて離婚の話しができないことに賛同してくれます。

そのため、とにかく「婚姻費用分担の請求」を最優先で決めてくれようとします。

こうしてまずは、別居中の生活費の確保してください。

離婚の話し合いというのは、何年もかかって長引くこともあります。

このような場合も生活費さえ安定して確保できていれば、納得のできる条件になるまで、離婚について話し合いを継続することができます。

「婚姻費用分担の請求」をいくらにするかは、調停委員のアドバイスにしたがってください。

調停委員から相手方に対して、所得証明書などを提出するように要求してもらえば、妥当な金額の生活費を得ることができます。

「婚姻費用分担の請求」は離婚が成立すれば、支払われなくなります。

離婚については財産分与や親権などで冷静でいられないことが多いですが、「婚姻費用分担の請求」を最優先に行うことを忘れないでください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ