離婚の慰謝料(不倫、浮気)について

相手が何らの問題を起こしたので離婚することになった場合、当然のように相手に慰謝料が請求できると思っている人がいます。

しかし、これは大きな勘違いです。

実は、離婚によって慰謝料を請求できるケースというのは、限られているのです。

実際の裁判で慰謝料が認められているケースは、以下のことです。

・性行為の証拠のある浮気、不倫
・証拠のある暴力

浮気、不倫が原因で離婚する場合、浮気相手や不倫相手にも慰謝料請求は可能です。

ただし慰謝料請求が認められるのは、性行為をしたという証拠のある浮気、不倫だけです。

結婚相手が頻繁に他の人とデートしようが、クラブ通いをしようが、性行為の証拠がなければ慰謝料請求はできません。

性行為の証拠とは、ラブホテルに入る現場写真です。

メールの記録やデート写真だけでは性行為の証拠とはなりませんので、慰謝料請求はできないのです。

もちろん性行為の証拠がなくても、相手の浮気で結婚生活が破綻したと主張すれば、離婚は成立します。

ただし、慰謝料請求はできません。

DVなどの暴力も、医師の診断書や治療の記録等があれば、慰謝料請求ができます。

夫婦ケンカの延長で、道徳的にどう考えても相手が悪いという場合でも、慰謝料請求は認められません。

法律と道徳は、まったく別物だからです。

いまのところ離婚による慰謝料請求が認められるのは「性行為の証拠のある浮気、不倫」「証拠のある暴力」ばかりとなっています。

慰謝料請求の相場金額

今の日本において離婚における慰謝料請求の相場金額は、

300万円から600万円ぐらい

となっています。

アメリカのように、慰謝料何億円という判決は、未だにありません。

慰謝料の金額が数百万円になっているのは日本の伝統、文化、風習などを裁判官が総合的に判断したからです。

数百万円の数字に具体的な根拠はなく、これまでの慣例でこのような数字となってきています。

また慰謝料請求で離婚がもめる場合、請求される側も大してお金を持っていません。

そのためきちんと支払われなかったり、自分の心がスッキリ晴れるような金額を得ることはできないのが現状です。

慰謝料請求の金額でもめる夫婦は、どちらもあまりお金を持っていないのが特徴です。

お金をあまり持っていないからこそ、慰謝料請求でもめるのかもしれません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ