婚姻を継続しがたい重大な事由による離婚

婚姻を継続しがたい重大な事由とは、抽象的でとてもわかりにくい表現です。

そのため何が「婚姻を継続しがたい重大な事由」にあたるかは、個々の裁判所の判断にゆだねられています。

たとえば、次のようなものが該当します。

・性格の不一致
・不貞行為の証拠のない浮気
・暴力、虐待
・宗教活動

わかりやすくまとめてしまうと

「どうしても相手のことが嫌いなので、結婚生活は続けられません。」

ということになります。

どうしても相手のことが嫌いである理由は、第3者には理解できないことがよくあります。

好き、嫌いというのは当事者の好みでもあるので、第3者が理解しようと思っても難しいのです。

実際、裁判においても「どうしても相手のことが嫌いなので、結婚生活は続けられません。」と本当に強く主張すると、離婚請求は認められる傾向にあります。

なぜなら、そこまで強く結婚生活の継続を拒否している人に対して「引き続き結婚生活を続けなさい」と判決しても、結婚生活はすでに破綻していますから、うまくいかないのです。

このように理由は何であれすでに結婚生活が破綻しており、修復の見込みがないのであれば、離婚を認めてもいいのではないか、という考え方があります。

このような考え方を「破たん主義」といいます。

破たん主義とは

離婚について近年の裁判所は「破たん主義」を重視する傾向にあります。

「破たん主義」とは、どのような理由で夫婦関係が冷え切ってしまったにせよ、今現在、夫婦関係がすでに破たんしていて修復不可能な状態であるなら、のであれば、無理に婚姻生活を継続させるよりも、離婚を認めてお互いに別々の人生を歩んだ方が本人のため、ひいては社会のためになるという考え方です。

「破たん主義」が重視されている例として、不倫や浮気をした側からの離婚請求も認められつつあるというものがあります。

これは裁判所が、実質的に夫婦関係が破綻していて回復の見込みがないのであれば、道徳的には許されない浮気や不倫をした側からの離婚請求を認めているという典型例といえます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ