国際離婚の方法について

国際結婚をした夫婦が離婚をするには、日本の法律にのっとった離婚と、相手の国の法律にのっとった離婚と、2つの離婚手続きが必要です。

そして日本のように当事者の話し合いで離婚が認められる国は、世界中でも中国と韓国ぐらいしかありません。

実はほとんどの国で、話し合いによる離婚は認められていないのです。

基本的に外国では当事者が離婚に合意していても、裁判所の関与なしに離婚することはできないのです。

そのため日本の法律で離婚が認められても、相手の国では離婚が認められないということもあるのです。

そのため国際離婚をする場合には、相手の国の法律と手続きもよく調べて起きましょう。

また相手が海外へ帰ってしまって協議離婚ができない場合は、まずは日本で離婚裁判を起こすしかありません。

国際裁判管轄権の基準では、相手の国が裁判の管轄となります。

ただし相手が行方不明の場合や、こちらが遺棄された場合などは、日本の裁判所が管轄となることがあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ