離婚した場合の子供の戸籍について

夫婦が離婚をした場合、結婚によって名字を変えた人は戸籍から除籍されて、新しく自分の戸籍を作ります。

このとき子供は、今の戸籍にそのまま残ります。

よくある勘違いとしては、子供は親権を持った親の戸籍に自動的に入る、というものです。

実は親権を得て離婚しても、子供はこれまでの戸籍にそのまま残り続けるのです。

戸籍には離婚したことと、離婚によって子供の親権者は○○になった、ということが記載されます。

しかし、離婚によって自動的に新しい戸籍に移動するわけではないのです。

子供を自分の戸籍に入れる方法

まず離婚によって自分と子供の名字が異なってしまった場合は、子供の名字を自分の名字と同じにしなければなりません。

子供の名字の変更は、家庭裁判所に「子の氏変更許可の審判申立」をして行います。

そして自分と子供の名字が同じになったら、市区町村役場に「入籍届」を提出します。

この入籍届は、提出するだけで簡単に認めてもらえます。

離婚しても自分が結婚相手と同じ名字を名乗り続けることは可能です。

この場合、子供の名字と自分の名字は最初から一致していますから、入籍届を提出するだけで自分の戸籍に入れることができます。

スポンサードリンク

このページの先頭へ