協議離婚を上手にすすめる方法

協議離婚(きょうぎりこん)とは、夫婦が自分たちの話し合いによって離婚することです。

夫婦の間で離婚について話し合い、お互いが離婚に合意したうえで、市区町村役所へ「離婚届」を提出し、受理された時点で協議離婚は成立します。

協議離婚は、「夫婦間の合意」と「離婚届の提出」だけで離婚が成立するため、離婚する夫婦の約90%が「協議離婚」の方法をとっています。

そして協議離婚を上手にすすめるには、次の点を意識してください。

①金銭についてこちらから明確な要求をする
②離婚後の生活プランをきちんと明示できる
③法律の見解をすらすら言えるようにしておく
④感情的になってケンカしない

まず金銭的な要求については、自分からためらわずに堂々と言いましょう。

協議離婚の場合は財産分与が主な話しとなります。

財産分与は結婚後に2人で得た財産を2分の1にすることですから、きちんと調べて自分から要求します。

くれぐれも、相手から言ってくれるということを、期待しないでください。

また、離婚後の生活プランをきちんと説明しましょう。

離婚後の生活の準備が万全であることを相手が知ると、相手は本気で離婚したがっていることを理解してくれます。

また法律の見解をきちんと暗記しておき、スラスラ説明できるようにしておいてください。

そして感情的にならずに事務的に話しをすすめると、相手も離婚に同意しやすくなります。

ただし協議離婚の話しをしてもまったく取り合ってもらえないことが予想されるなら、離婚調停と同時に行方をくらます方法を選択した方がよいでしょう。

離婚協議書のサンプル

                  離婚協議書サンプル

--------------------------------------------------------------------------------------------

                  離 婚 協 議 書

加藤太郎(以下、甲という)と、加藤花子(以下、乙という)は、離婚について次の通り合意した。

第1条 甲と乙は何年何月何日に協議離婚することに合意したので、離婚届に署名押印し、乙が離婚届を提出する。


第2条 甲乙間の未成年の子次郎(何年何月何日生、以下、丙という)の親権者は、乙とする。


第3条 甲は乙に対し、丙の養育費として、何年何月何日から丙が20才に達した月の月末まで、毎月末日限り金3万円を、○○銀行○○支店、口座番号○○、口座名義人○○の口座に銀行振込にて支払うものとする。


第4条 甲は乙に対して、財産分与として金500万円を、何年何月何日限り支払う。


第5条 甲は毎月1回丙と面会することができる。面会の日時、場所、方法は甲乙が協議して決定する。


第6条 甲と乙は、本契約に定めた以外に相手方に対し、何らの債権債務がないことを確認した。


協議の証として本書を2通作成し、各自1通ずつ保管する。


何年何月何日


               住所 愛知県名古屋市瑞穂区竹田町2丁目14番地

                                   甲 加藤 太郎  印


               住所 愛知県名古屋市瑞穂区竹田町2丁目14番地

                                   乙 加藤 花子  印

------------------------------------------------------------------------------------------


なお離婚協議書には、財産分与、慰謝料、子供の養育費などについて、「どちらが、いくら、いつまでに、どのような方法で支払うのか」をしっかり明記しておきます。

また子供を引き取らなかった側は、いつ、どのような時に子供に会えるのか、などを明記しておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ