離婚調停と住宅ローン問題

離婚の財産分与において住宅ローンが残っている場合は、大変難しい問題となります。

不動産の財産分与とは、一般的には夫婦が居住していた家やマンションをわけるということになります。

しかしひとつの不動産を半分に切ることは、物理的に不可能です。

そのため不動産を売却して金銭にして半分ずつにわけるか、1人が不動産を全部所有してもう1人が不動産の半分に相当する現金をもらう、のどちらかを選択することになります。

多くの方は不動産は売却せずに1人がそのまま住み続け、もう1人は動産の半分に相当する現金を財産分与としてもらっているようです。

そして住宅ローンの残っている不動産を分ける場合は、銀行との話し合いが必要になります。

住宅ローンを組む場合、夫の名義でお金を借りて妻が連帯保証人となっていることがよくあります。

この連帯保証人とは、お金を借りた人とまったく同様の支払い義務を負っていることを意味します。

そして離婚したからといって、銀行は妻が連帯保証人からぬけることを簡単には認めてくれません。

そのため、銀行と何度も話し合いをする必要があります。

住宅ローンのことをうやむやにしたまま離婚してしまうと、離婚後に住んでもいない家の住宅ローンの支払いを請求されてしまいますから、くれぐれもうやむやにしたまま離婚しないようにしてください。

不動産の財産分与が行われたら、不動産の名義を書き換える手続きをする必要があります。

また不動産を譲り受けた側は、不動産取得税という税金が課せられます。また不動産を手放した側は、不動産譲渡税が課せられる場合があります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ