離婚調停を欠席したら不利になるのか

◆離婚調停を欠席しても、不利になるわけではない

離婚調停はあくまで話し合いの場ですから、 両者の合意なくして成立はしません。

そして欠席したからといって、 欠席者に不利な結論になるというわけではありません。

家庭裁判所は正当な理由なく欠席した人に、 過料(かりょう)という罰金を科すことができます。

過料については欠席者に対して、 欠席の理由や次回の調停に関する意向調査を、 書面や電話で行い判断します。

ただ実際には、過料が課せられることはほとんどありません。

そして欠席が続くようであれば、調停は不成立として終了します。

調停が不成立に終わった場合は、 次の2つのどちらかに移行します。


◆家庭裁判所の裁判に移行する場合

離婚自体や慰謝料に関することで合意が得られていない場合は、 家庭裁判所に裁判を起こすことができます。

ただし自動的に裁判に移行するわけではありません。

離婚調停が不成立になった時点で、 裁判を起こすかどうか、自分で決めなければなりません。

そして離婚裁判は離婚調停とは異なり、欠席したらとても不利になります。


◆家庭裁判所の審判手続きに移行する場合

離婚自体は決まっていて、 親権者や婚姻中の費用分担、財産分与について、 合意が得られていない場合には、自動的に審判に移行することがあります。

審判になると、 調査官の家庭環境調査や当事者からの事情聴取が行われ、 最終的には家庭裁判所が職権で決定します。

もちろんこの決定に不服があれば、 高等裁判所へ訴えを起こすこともできます。

現実に審判が行われるケースは少なく、調停不成立となって終了することが多いです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ