離婚調停に必要な書類

離婚調停に必要な書類は以下のものです。

◆夫婦関係事件調停申立書(離婚調停申立書)

家庭裁判所の窓口や、 裁判所のホームページ上から入手できます。

申立ての趣旨の欄に、 親権者・養育費・財産分与・慰謝料額について、 あなたの希望を記入してください。

申立ての実情に関しては、 調停に至った経緯を簡単に記入します。

詳細については、 離婚調停の場でじっくり話す機会が与えられますが、 事前に詳細を伝えておきたいということであれば、 別紙にいきさつを記載し、 申立書に添付しても構いません。


◆夫婦の戸籍謄本(裁判所によっては住民票も必要)

夫と妻の戸籍謄本を役所より取得してください。

日本では結婚すると、必ず夫婦でひとつの戸籍が作られます。


◆収入印紙1200円、予納切手800円)

離婚調停を申し立てるのに必要な手数料です。

考えようによっては、たったこれだけの費用で裁判所の調停を利用できるのですから、もっと積極的に利用してもいいのかもしれません。


◆離婚原因の証拠となる書類

・離婚原因が暴力の場合 → 医師の診断書

・離婚原因が不貞行為の場合 → 不貞の証拠書類や証拠品など

離婚調停が不成立の場合、離婚裁判に移行しますが、 その時のためにあまり証拠品を相手方に知られたくないという場合は、 裁判官や調停委員にその旨を申し出てください。

スポンサードリンク

このページの先頭へ