離婚せずに夫婦関係の悩みが消える方法

夫婦関係には大いに不満だが離婚はできないという方に、夫婦関係の悩みが消える考え方をお教えします。

まず人間関係の大前提として、

「人は人を変えられない」

ということを覚えてください。

何を言おうが、どんなに巧みな話術を使おうが、人は人を変えられないのです。

人を変えることができるのは、自分自身だけです。

だから「あの人がああなってくれたらいい」「こうなってくれたらいい」と思っている限り、不満は永久になくなりません。

仮に結婚相手が自分の指示に従ってくれて、不満がひとつ解消されたとします。

すると今度は次の不満が発生して、また文句を言いたくなるのです。

つまり人を自分を思い通りにしなければ不満は解消されない、と思っている限り夫婦の不満は永遠に続きます。

それならばどうするかというと、あなたが変わるしかないのです。

人を変えられることができるのは、自分自身だけです。

だからあなた自身が変わって、これまで不満と思っていたことを「不満ではない」と感じるように変わるしか、方法がないのです。

「相手を変える方法を期待して読んだのに」と思われる方もいますが、相手を変える方法など、本当に世の中にはありません。

もしそんな方法があったら、この世は優秀な独裁者が支配する世界になっています。

人間は誰でも自由に「ああしたい」「こうしたい」という希望があり、その希望を自分の行動によって実現するのが、人生です。

それでは、結婚相手への不満が消える自分の考え方とは、どのようなものでしょうか。

結婚相手への不満が消える自分の考え方

結婚相手にいろいろ不満のある方は、はっきり言って相手への要求水準が高すぎます。

わかりやすく言うと、幸せだと思う基準をもっと引き下げてください、ということです。

自分の結婚相手は、実は「お隣のおじさん」「お隣のおばさん」だと思ってください。

お隣に住んでいるおじさんが、自分のお給料を全額あなたに渡して、2万円だけ小遣いをくれと言っています。

自分の夫ではなく、お隣に住んでいるおじさんが、そう言っているのです。

お隣のおじさんが、あなたのために自分のお給料をくれるのです。

すばらしいと思いませんか。

まったくの他人であるお隣のおじさんが、あなたのために自分のお給料をくれるのです。

自分の夫だと思うから、ああなって欲しい、こうなって欲しいと思って要求水準がどんどん高くなるのです。

お隣のおじさんだと思えば、お給料をくれるだけで、奇跡です。

お隣に住んでいるおばさんが、あなたのためにご飯を作ってくれます。

お隣に住んでいるおばさんが、あなたのために洗濯もやってくれます。

すばらしいと思いませんか。

また、自分の家で犬や猫を飼っていると思ってください。

飼っている犬が、お給料を持ってきてくれます。

飼っている猫が、ご飯を作ってくれます。

この考え方に笑ってしまったら、もうあなたの勝ちです。

人は笑ってしまったとき、その苦労に負けない人になっているのです。

人が幸せになる唯一の方法は「幸せの基準を下げること」です。

この世の欲望には、キリがありません。

「ああなったらいい」「こうなったらいい」と思う限り、永久に幸せはやってきません。

それよりも「ご飯が食べられて幸せ」「お風呂に入れて幸せ」「布団で寝られて幸せ」と思っていれば、誰でも幸せになれます。

他人に何かを期待しないでください。

あなたを幸せにできるのは、他の誰でもなく、あなた1人だけでなのです。

こういうと「夢や希望を持ってはいけませんか?」と質問されますが、夢や希望は大いに持ってください。

ただし持ってもよい夢や希望とは「あなたが自分の努力で自分を磨くことで達成できるもの」に限ります。

他人がああなるべき、こうなるべきという欲望は、絶対に達成できません。

そんな欲望を持ち続けていると、どんどん不幸になります。

あなたが幸せの基準を下げて、毎日幸せだ幸せだと言って歩き続けたとします。

そしてただ歩くだけでは退屈なので、自分で自分を磨く努力をしながら、幸せだと言いながら毎日楽しそうに歩き続けたとします。

ある日、ふと後ろを振り返って見てください。

あなたの結婚相手が、いつの間にか理想の相手に生まれ変わって、あなたを追いかけてきているのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ