3年以上の生死不明による離婚

結婚相手の生存が最後に確認できたときから3年以上経過し、現在も生死が不明である場合には、離婚を請求できます。

たとえば、

・出稼ぎに行った夫からの連絡が途絶えて3年以上たった
・妻かが家出をして3年以上たった

という場合に、離婚請求できます。

相手が家を出て、生死不明となった理由は関係ありません。

生死不明の事実そのものが問題となります。

3年以上の生死不明を理由に離婚する場合、警察に捜索願を出した事実等が必要です。

つまり十分に手を尽くして探したが、どうしても見つからないという場合に離婚請求できるのです。

生きていることは確かだが、居場所だけわからないという場合、離婚請求はできません。

生死不明で居場所もわからない場合のみ、離婚請求できます。

3年以上の生死不明による離婚請求は、離婚調停ではなく離婚裁判を起こさなければなりません。

失踪宣告という方法もある

生死不明によって婚姻を解消するなら、離婚の他に「失踪宣告」という方法もあります。

失踪宣告というのは、蒸発や行方不明などの場合は7年間、飛行機の墜落や船の沈没など特別な危難の場合は1年間、生死不明の状態が続いた場合、家庭裁判所に申し立てて失踪宣告の審判を受けることができ、審判が出されると失踪者は死亡したものと見なされます。

つまり「死に別れ」として扱われ、配偶者は死亡したことになるので、当然残された一方は再婚することも可能です。

また死亡として扱われるため、不明者の財産の相続も可能です。

ただし失踪宣告された本人が生存していることがわかったら、失踪宣告は取り消され、婚姻関係も復活します。

その時点でもし再婚していたら2重結婚の状態になります。

この場合、以前の婚姻が有効か後の再婚が有効かは、法律の世界でも統一見解がないのが実情です。

スポンサードリンク

このページの先頭へ