強度の精神病による離婚

結婚相手が強度の精神病にかかり回復の見込みがないときは、離婚請求をすることができます。

回復の見込みのない精神病とは、

・精神分裂病
・痴呆症
・躁鬱病

などがあたります。

そして次のような病気は、回復の見込みのない精神病にはあたりません。

・アルコール中毒
・ヒステリー
・ノイローゼ

しかし何が回復の見込みのない精神病にあたるかは、病名だけで区別するのは難しいのが現状です。

離婚判断のポイントとしては、精神病が夫婦の協力義務が果たせないほど重傷で、医学的に回復は難しいかどうか、ということです。

また強度の精神病を理由に離婚請求する場合、下記の条件を満たしていなければなりません。

・離婚しても病人は安定して生活ができる
・治療を開始して相当期間経過している
・専門医による裏付けがある

いくら相手が回復の見込みのない精神病になっても、それだけで離婚してしまっては、相手が経済的困窮者になってしまいます。

そのため離婚後も相手が経済的困窮者にならないように、施設などに入所して障害年金で暮らせるなどの十分なケアをしておかないと、離婚請求は認められません。

スポンサードリンク

このページの先頭へ