家事調停委員とはどんな人なのか

家事調停委員は、年配の方が多いのが特徴です。

家事調停委員とは、裁判所の非常勤の職員という位置づけの国家公務員です。

そして、次ような条件で選任されています。

・弁護士となる資格を有する者
・民事若しくは家事の紛争の解決に有用な専門的知識経験を有する者
・社会生活の上で豊富な知識経験を有する者
・人格識見の高い年齢40才以上、70才未満の者

の中から、最高裁判所により任命されます。

実際には地元の市議会、教育委員会、弁護士会などの公的団体において、調停委員になる人の枠が確保されており、各地の家庭裁判所と取り決めがされています。

そしてその団体から推薦された人を、家庭裁判所が最高裁判所に推薦し、最高裁判所がその推薦通りに任命する、ということになっています。

調停委員は、社会的良識をわきまえた方であることを前提に任命されています。

したがって調停委員は法律の専門家ではないため、細かい法律に熟知しているわけではありません。

もちろん裁判所内で法律の研修を義務づけられているため、家事調停に必要な知識は備えているとされています。

調停委員に理不尽な事を言われた場合

家事調停の現場では、 たびたび調停委員の非常識な言動が問題になることがあります。

彼らも人ですから思わず感情的に、 理不尽なことを口走ってしまうことがあるようです。

そして前述のように必ずしも法律に詳しいわけではありませんので、 法律の説明が100%正しいとも限りません。

家事調停はあくまで話し合いの場ですから、調停委員に何を言われても納得のいかないことは、 納得がいかないと主張してください。

調停委員の交代は原則認められませんが、調停委員の言動があまりにもひどいと感じる場合は、一度、担当書記官にその旨を伝えてみてください。

場合によっては、それなりに配慮してもらえることがあります。

スポンサードリンク

このページの先頭へ