離婚の年金分割について

離婚時年金分割制度とは、 離婚したら奥さんの年金額が極端に少なくなるのを防ぐために、 年金を夫と分割する、というものです。

例えば、サラリーマンだった夫と専業主婦であった妻が離婚すると、 夫は定年後もある程度の金額の年金を受け取ることができますが、 離婚したことにより専業主婦だった妻は、 わずかな国民年金しか受け取ることができません。

この不公平を解消するのが年金分割です。

年金分割は平成19年4月以降に離婚した場合に適用されます。

婚姻期間中の夫婦の厚生年金記録の最大2分の1まで分割できますが、 この分割割合は夫婦で決めることができます。

そして夫婦の話し合いがまとまらない場合には、 離婚調停にて年金分割の割合について話し合うことができます。

平成20年4月以降は、 夫の収入によって生計を維持する第3号被保険者である妻と、 被保険者である夫が負担した保険料については、 妻が共同して負担したものであるとされました。

そして被保険者及び被扶養配偶者が離婚した場合、 妻が社会保険事務所に申請すれば、 平成20年4月から離婚時までの夫の厚生年金が自動的に折半されます。

この場合、夫婦間の話し合いや家庭裁判所の離婚調停は必要ありません。

注意しなければならないのは、 平成20年4月以降に支払った保険料の部分のみ、 申請のみで自動的に分割できるというものです。

平成20年4月以前に支払った保険料については、 自動的に分割されないため話し合いによる解決が必要になります。

年金分割に関する離婚調停申立書の書き方

「家事審判調停申立書」という申立書を用意します。

家庭裁判所のホームページからダウンロードできます。

①題名の「調停」に○を付けます。

②収入印紙欄に1200円分の収入印紙を貼ります。

③裁判所名と提出日を記入します。

④申立人の署名押印をします。(実印でなくても構いません。)

⑤申立人欄に申立人の情報を記入します。

⑥相手方欄に相手方の情報を記入します。

⑦「別紙」には社会保険庁から受け取った書類名を記入し、按分割合を記入します。
(按分割合は「0.5」が折半という意味です。)

⑧申立ての実情は事実通りに記入してください。

一般的には離婚調停とセットで年金分割の話し合いがされます。

そして離婚調停で年金分割の話し合いがまとまったら、調停調書を年金事務所に提出して年金分割の手続きをしましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ