うつ、精神病による離婚

うつ、精神病による離婚には、次の2つのパターンがあります。

①離婚問題がこじれて、うつ、精神病になるケース
②結婚相手がうつ、精神病になったので離婚したいケース

②の結婚相手がうつ、精神病になったので離婚したいケースというのは、民法の法定離婚事由に定められています。

これは結婚相手が強度の精神病病にかかり回復の見込みのないときは、離婚が認められるというものです。

ただし強度の精神病で離婚を認めてもらうためには、

・これまで、誠実に生活の面倒をきちんと見てきた
・離婚後も、精神病患者が安定して生活ができるような対策を施している

ということが条件となります。

結婚相手が精神病になったからといって、ただちに離婚できるわけではありませんので注意してください。

うつや精神病が離婚で問題となるのは、離婚問題がこじれてうつ、精神病になってしまったというケースです。

多くの場合は、夫が他の女性と浮気、不倫をしたことにより、妻がうつ病になってしまうというものです。

夫としては離婚して他の女性と一緒になりたいのですが、妻がうつ病では離婚の話が進まず困ってしまうというものです。

では夫の浮気、不倫によって、どうして妻はうつ病になってしまうのでしょうか。

離婚問題がこじれて、うつ病になる理由

うつ病とはどんな病気かというと「自分で自分にダメだし」をする病気です。

自分のことをダメな人間だと思ったとき、それを他人のせいにすることができるなら、他人を攻撃します。

自分の人生がうまくいかないのはすべて他人のせいですから、他人の悪口を言っていればいいわけです。

ところが自分の人生がうまくいかない理由をすべて自分のせいだと思うと、自分で自分を攻撃します。

自分で自分を攻撃するとは「自分はダメだ」「自分はどうしようもない」「自分は情けない」と心で念じ続けることです。

これを繰り返していると、無気力になったり正常な判断力を失ってしまい、うつ病となるのです。

そして離婚問題がこじれてうつ病になる理由は、

「離婚されたら、自分は生きていけない。」
「捨てられたら生きていけないほど、自分はダメな人間だ。」
「夫は家庭に戻ってこない。もうどうにもならない。」

というように考えて自分で自分を攻撃するからです。

つまり、離婚されたら自分は生きていけないほどダメな人間なんだ、と考えるからうつ病になるのです。

この心理は、仕事でうつ病になる人とまったく同じです。

仕事が精神的にきつくて、とてもつらいとします。

そんなに仕事がつらいなら、その仕事を辞めて他の仕事に代わればいいのです。

ところが「この仕事をやめたって再就職はできない」「この仕事をやめたら生きていけない」と考えてしまいます。

すると「自分はこんなみじめな思いをしながら仕事をしなければならないほど、ダメな人間なんだ。」と思うようになります。

こうして自分で自分を攻撃するから、うつ病になるのです。

離婚に話を戻します。

離婚を切り出されてうつ病になってしまう人というのは、もう相手のことは愛していません。

もし相手のことを今でも愛していたら、うつ病にはならないのです。

なぜなら「こんなどうしようもない夫にすら、離婚されたら生きていけないほど、自分はダメな人間なんだ」と思っているからうつ病になるのです。

相手のことを愛しているのなら、相手に対して尊敬や尊重の気持ちがありますから、自分を攻撃する前に相手の理解に努めようとします。

相手を愛する気持ちがあって相手の理解に努めようと考えながら、自分で自分にダメだしすることはできません。

人間は「優しさ」と「怒り」や「喜び」と「悲しみ」など、正反対の2つの感情を同時に持つことはできないようになっているのです。

だから、自分で自分を攻撃する感情と他人を愛するという感情を、同時に持つことはできないのです。

「すばらしい夫に頼るのではなく、ダメな夫に頼らなければならない自分はなんてダメなんだろう。」と考えているからこそ、うつ病になるのです。

うつ病になる前提として「ダメな夫」ということが、その人の気持ちの中にあるのです。

離婚がこじれてうつ病になって、修復できるのか

離婚がこじれてうつ病になった場合、夫婦関係は修復できません。

まず離婚を切り出した夫は、他に好きな女性がいるため戻るつもりはありません。

そしてうつ病になった妻は、すでに夫のことは愛していません。

離婚問題が原因でうつ病になったこと自体が、夫を愛していない証明だからです。

そのため、うつ病で離婚できないことを理由に別居が長らく続いても、お互いの気持ちは離れていますから、もう元には戻れないのです。

仮面夫婦として元に戻れば、いったん妻のうつ病は回復します。

しかし夫は仮面夫婦であることに納得はしていませんから、時間がたてばまた離婚を切り出します。

すると妻のうつ病が再発して、また離婚問題がこじれるのです。

この悪循環から抜け出すためには、妻が強くなるしかありません。

夫から1円でも財産を多くぶんどって、残りの人生は夫なしで強くたくましく生き抜いてみせる、と覚悟するしか方法がないのです。

そして妻が、強くたくましく生き抜いてみせると覚悟したその瞬間に、離婚されては生きていけないと思っていたことは、すべてまぼろしだったということに気がつくのです。

スポンサードリンク

このページの先頭へ